読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきら

好きなことを好きなだけ

『未来へ』

 

 

さあ羽ばたこう 未来という大空へ
あんなに広い未来でも 何処かで会えるかもしれない
 
そしたらハグして思い出そう 今日という日を 俺達が一歩 大人になった日を
 
 
 
“お別れだね 今までありがとう”そんなフレーズから始まる、ド直球すぎる8代目青学キャストの卒業ソング(通称青学バラード)、それがこの『未来へ』でした。冒頭に挙げたのもこの曲の歌詞の一部です。
 
『未来へ』は、東京楽と各地方公演の千秋楽、そして凱旋公演期間に毎回披露されました。私が最初に耳にしたのは愛知楽、8月28日夜公演でのこと。披露されることは知っていたので身構えてはいたものの、少し忘れかけていた「お別れ」の事実をズドンと突きつけられる歌詞に涙を流すことしかできなかった。ぼろぼろ泣きながらも、キャストの表情をオペラグラスで追うことに必死でした。*1
 
凱旋初日、2回目の青学バラード。前回に比べてメロディーをしっかり聞けたぶん、公演が終わってから家に帰るまで頭の中ではこの曲が流れ続け、卒業への寂しさがより一層溢れてきました。
 
 
そして、2016年9月25日。ついにこの日がやってきてしまいました。会場の外でも客席内でも、そこには独特の空気が流れていました。
 
山吹の開演前アナウンス。All for tennisから始まる1幕。3人でダブルス・先輩後輩のダブルス・集大成の想いが込められたシングルス、2幕。手塚と跡部・日吉とリョーマ、そして青学の新たなスタート、熱くも儚く美しい3幕。氷帝の終演後アナウンス。あっという間に時間は流れて行きました。誰一人として欠けることなく、3rdシーズン 青学vs氷帝公演は夏の終わりと共に幕を閉じました
 
 
「僕たち青学8代目は、今日この日をもって卒業します。」
 
青学キャスト12人は、この日から「青学8代目」となりました。なんとなく現役の頃から代付けで呼んでしまっていたけれど、彼らは卒業してから初めて「青学」ではなく「青学“8代目”」になってしまうんだと、財木くんの涙ながらの挨拶で気づかされました。
 
バウ後のカーテンコールは青学部長・手塚役 財木くんの挨拶に始まり、氷帝・山吹各部長の挨拶、そして座長・古田くんの挨拶。青学キャストからの“ありがとうございました”で、ステージの幕は一度降りました。
 
 
そして、本当に最後の『未来へ』。これを歌い終えたら、彼らはついに卒業してしまう。彼らの演じる青学には、もう会えなくなってしまう。色々な想いが頭を巡りました。しかし、彼らの表情は笑顔や希望の眼差しに満ちた、とても清々しいものでした
 
正直、8代目はふるた・ざいきの柱コンビ中心に泣き虫な子が多い印象でした不動峰公演では達成感からか殆どが涙を流していたし、たくさんの仲間が卒業していったドリライでも同じ。それは秀斗くんも然りでした。
 
彼は感受性がとても豊かで、感動屋さんです。それは不動峰公演前のテニス合宿で、座長の「3rdシーズン行くぞ!」の一言で行った円陣で泣いたというエピソードを持っているほど。まだ公演始まってないのに。山吹公演のバクステでも、初日の円陣の際に「しゅーてぃー泣いてる?」とイジられるほど。*2 いちばん感動したのは、不動峰公演の千秋楽後、青学・不動峰キャスト全員に、ひとりひとりに向けてブログを書き上げたこと。これやべえ熱いんでぜひ読んでください。
 
 
「皆さんと、テニミュ3rdシーズンという『ニュー・ウェーブ』が起こせて幸せでした!一生の宝物です。ありがとうございました!」
 
秀斗くんは、卒業挨拶でこう述べられました。「“皆さんと”『ニュー・ウェーブ』が起こせて幸せでした」というこの発言に、秀斗くんの人柄が詰まっているように私は感じました。ちょっぴり感動屋さんだった桃ちゃんは、すっかりキラキラの笑顔で、眼差しで、まっすぐ前を見据えていました。この瞬間、改めて眞嶋秀斗くんが8代目の桃ちゃんで、秀斗くんの桃ちゃんに出会えて、本当に本当に幸せだと思わされました。
 
 
本日11月9日は、『ミュージカル青春鉄道2』という作品の公演初日です。秀斗くんの、青い森鉄道役としての、新しいスタートの日。それまでに彼への想いを綴っておきたくて、やっとこうして書き上げることができました。
 
眞嶋秀斗くん、貴方が桃ちゃんで本当によかった。貴方の桃ちゃんに出会えたおかげで、たくさんの幸せとパワーを戴いて、辛いことも乗り越えられました。秀斗くんの桃ちゃんに会えない寂しさはまだ消えないかもしれないけれど、これからは貴方からバトンを引き継いだ次の桃ちゃんを、一緒に、全力で、応援していけたらと思います。貴方のことも、ずーっと応援させてもらえたら嬉しいです。
 
卒業、本当におめでとう!そして、これからもよろしくね!
 
 

*1:古田くんは、ハグをするときにいつも泣いていました。

*2:もしかしたら本当に泣いていたのかもしれない

キラキラあなたがまぶしくて-後編-

 

iksht218.hatenadiary.com

かなり間があいてしまい申し訳ありません。(自分でもびっくりしてます)

「後編」とあるように、 こちらの記事の続きをば。

テニミュ3rd不動峰公演で秀斗くんに魅了された私でしたが、その後のルドルフ公演と山吹公演は諸事情によりそれぞれ1回ずつの観劇となりました。TEAM LIVE SEIGAKUはなんとチケットすら取れず、Twitterに流れてくるレポをひたすら漁る日々でした。*1

テニミュを追えているようで追えていないようなそんな状況の中、あまりにも唐突に舞い込んできた知らせ。2016年4月4日、青学8代目卒業のニュースでした。

ミュージカル『テニスの王子様』青学vs氷帝、開催決定!同公演にて青学8代目が卒業! | テニミュニュース | ミュージカル『テニスの王子様』公式サイト

頭が真っ白になりました。だって、2ndシーズンの流れからして、8代目は関東立海公演での卒業かなあとぼんやり思っていたし、まさか関東氷帝公演で卒業だなんて考えもしなかった。なんで?どうして?まだお別れなんかしたくない。あまりにも、早すぎるとしか思えなかった。

テニミュニュースを遡ってみると、3rdシーズン初のドリライ、Dream Live 2016開催が発表されたのが同年2月4日、そこからちょうど2ヶ月後の卒業発表でした。

この卒業発表により、Dream Live 2016は青学8代目にとって最初で最後のドリライとなることに。卒業のショックは残りつつも、今はドリライを悔いなく精いっぱい楽しもう、そう思うようになりました。

結果、大千秋楽のみ参加予定だったところを初日からチケット譲渡を探して参加し、あまりの楽しさに横浜5公演全通をキメました。笑 ほんっっっとに楽しかった!!!金・土・日曜日と大学の授業終りにパシフィコ横浜に通ったあの3日間は、私にとって一生忘れられない思い出となりました。ここでも秀斗くんの桃ちゃんはじめとして青学のみんな、そして不動峰・ルドルフ・山吹のみんなにたくさんの幸せをいただきました。それと共に、より一層8代目卒業の実感がわいてきました。*2

そんなこんなで色々思うところもあり、悶々と考えている間に2016年7月14日。3rdシーズン 青学vs氷帝公演は開幕しました。”熱い夏”の始まりです

「All for tennis すべてはテニスのために」「もしここで負ければもうこの大会では戦えない そんなのは嫌だ 嫌だ、嫌だ!」

積み上げてきた想いを胸に、力強く歌い上げる青学。

「凍りつけ 俺達はブリザード」「さあ、向かってこい」

跡部という絶対的トップが引き連れる、新たな氷帝学園

そして”明るく楽しく”をモットーに、熱い戦いの最中、脇を固める山吹。

本来初日はチケットを取っていなかったのですが、せっかくの氷帝公演。ギリギリになって立見席を購入し、3バル後方から約3時間(2時間55分)の観劇を果たしました。青学の進化はもちろんのこと、涙なしでは見られないシーンが多い中、山吹の明るさに支えられ、”降臨”した新生氷帝には圧倒されっぱなしでした。3部構成ということで、幕が降りる度に鳥肌が止まらなかった。卒業公演だから、氷帝という華やかな公演だから、そんなの関係なしに何度でも観たい公演がこの3rd関東氷帝公演でした。

熱くて、鳥肌が止まらなくて、たくさん笑って泣いたそんな氷帝初日、アンコールソングの「シャカリキ・ファイト・ブンブン」で奇跡は起こりました。3バルに桃ちゃんと海堂が来てくれて、桃ちゃんから初めてのハイタッチを戴いてしまったのです…

まさか最後の最後に。運命かなと思いました(パート2)。時間が限られる中、とびっきりの笑顔で立ち見のお客さん全員にハイタッチしてくれた桃ちゃん。秀斗くんのそういう気配りというか、本当にこちらのことを思っていてくれる方なんだなあと実感して、この日は嬉しさと幸せとで涙が止まりませんでした。

3rd関東氷帝公演は、観れるだけ観ておきたいという想いからいちばん通った公演でした。初日、2日目、7月20日、そして桃ちゃんのお誕生日には当日券でマチソワ観劇。リョーマくんのおかげで”おめでとう”を伝える事ができました。凱旋はチケ取りがとにかく激戦で、初めて愛知まで遠征したりもしました。その間に、桃ちゃんはじめ青学のみんなには度々たくさんの幸せをいただき、それが活力となっていました。

 ここまで来て、残すは凱旋初日と大千秋楽の2公演のみ。噛みしめるように、がむしゃらに追いかけてきた彼らとの、お別れのときが近づいていたのでした

 

*1:未だに後悔の念は消えておらず、次の青学チムライがもしあるのならば地を這ってでも参加するつもりです。公式さん、待ってます。(青学厨より)

*2:このドリライ不動峰聖ルドルフメンバーと亜久津役の川上将大くんは一旦卒業となっていました。

キラキラあなたがまぶしくて-前編-

キラキラ星人(きらきら-せいじん)
テニミュ3rdシーズン 青学8代目桃城武役・眞嶋秀斗くんのことを指す言葉。

 

眞嶋秀斗くん(ましま-しゅうとくん)は群馬県出身の俳優さん。エイベックスグループホールディングスに所属されています。誕生日は8月8日、血液型はO型、映画とアイスとお蕎麦が大好きな21歳。ニックネームは「しゅーてぃー」。

 

前置きが長くなりました。
2016年9月25日
ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs氷帝公演 大千秋楽。
そして、青学8代目卒業の日。
私は眞嶋秀斗くんの演じる桃ちゃんに魅せられて、彼を応援させていただくようになりました。
 
2015年3月20日、日本青年館大ホールにて人生初のテニミュ観劇。コメント動画やビジュアルを拝見して臨みましたが、その頃は原作で最も好きな海堂役の佐奈ちゃん・黄金ペアの隼くんと礼生くん・そして綺麗なお顔立ちに惹かれた不二役の神里くんを自然と目で追っていました。*1
そう、当初の私は桃ちゃんにはあまり注目していませんでした。しいて言えば、再現度が高いなあ、すごいなあと思っていたくらい。
決定的だったのは、3rdシーズン 青学vs不動峰公演 大千秋楽、2015年5月17日のこと。残念ながら公演チケットを取っていなかったのでライブビューイングでの参加でした。*2
―あっという間に公演は終わりました。いつも大石がやっていた乾汁チャレンジをリョーマがやらされていたこと、歌や踊り・演技のレベルが全体として上がっていたこと、挨拶で古田・財木*3の柱コンビがめちゃくちゃ泣いていたこと、それを見守る隼くんが聖母だったこと、神里くんの頬をスーッと伝う涙が本当に綺麗だったこと…思い出せば様々な記憶が蘇ります。
 
映画館からの帰り道、ひとり余韻に浸る中、胸を打つ想いがありました。
待って。眞嶋くんの桃ちゃん先輩、なんてかっこいいんだろう!なんて男前なんだろう!
一瞬で惚れました。というのも、東京公演初日、日本青年館で観劇をした際には2階席だったため、オペラグラスを用いてもどうしても細かい表情は見落としてしまいがちだった。映画館の大画面で見る秀斗くんの桃ちゃんは、ひとつひとつの表情が豊かで、それでいて男らしくて、とにかくかっこいい!!!桃城・海堂と青学2年生コンビを並べられたら迷わず海堂薫くんを支持していた私にとって、このテニミュ3rd不動峰公演が、桃城武というキャラクターがいちばん輝いて見えた瞬間でした。
そして何より、秀斗くんの桃ちゃんは笑顔がキラッキラでとにかくまぶしい。秀斗くん自身くしゃっとした笑い方をされるんですけど、私はそういう男の人にめっぽう弱いです。脳内お花畑みたいに聞こえるのは承知ですが、運命だったんだなと。
 
ちょうどこの時の私の心情を表すツイートがフォロワーさんとの会話の中でありました。以下の通りです。

@ymimymimstim 秀斗くんはですね、実は初めて公演を観たときは桃ちゃんの再現度すごい!と思って少し気になるなあくらいだったんですが、大楽のLVでの冒頭の桃リョダブルスでの動きとかお芝居を観て、あれ、こんなにかっこよかったっけ…?と圧倒されてしまったのが始まりです。→

— まみお (@1k_218) 2015年6月26日 

@ymimymimstim カメラワークのおかげでもあると思うんですが、ふとしたときの細かい表情が桃ちゃんそのもので男らしくてかっこよくて。観劇したときは2階席だったので双眼鏡を使っても細かい表情があまり見えなかったんですけど、神里くんと同じで桃ちゃんを演じる秀斗くんに惹かれた→

— まみお (@1k_218) 2015年6月26日

@ymimymimstim →んです。律儀で礼儀正しい性格で、Twitterにおいてもブログにおいても文章を一字一句しっかり考えて投稿しているのが伝わりますし、笑顔が素敵な好青年イメージが強いんですが、実は怖い話が苦手だったりお寿司はわさび抜きだったりと19歳らしい一面が→

— まみお (@1k_218) 2015年6月26日

@ymimymimstim 垣間見えるところが好きですね。あとは自分と歳が近いのも一理あると思います。自分の意見や感謝の気持ちをしっかり持っていることが伝わる役者さんだなあと常々思います。長くなってしまいましたが、結局はギャップに弱いんです。…ちゃんとした答えになってますかね?

— まみお (@1k_218) 2015年6月26日

 

 

 …改めて見るとめちゃくちゃ恥ずかしいですねこれ。まあそんなことは置いておいて、こうして私は眞嶋秀斗くんという役者さんに出会ったのでした。思いのほか長くなってしまったので、ここまでを前編とします。最後まで読んでくださった方、もしいらしたら、本当に本当にありがとうございます。

 

 

ちなみに冒頭に引用した「キラキラ星人」、秀斗くんが小学生の頃お世話になっていたHIPHOPの先生から戴いた呼び名だそうで、秀斗くん自身も“僕を支えてくれる言葉なんです!”とブログに綴っています。

ameblo.jp

 

 

後編に続く。(2部構成で終われますように…)

 

 

*1:順に佐奈宏紀くん・石田隼くん(大石役)と本田礼生くん(菊丸役)・神里優希くんのこと。

*2:ここで初めて生写真というものを購入。不二くんの追加生写真を購入し、後々桃ちゃんの写真を買わなかったことを後悔する。

*3:越前リョーマ役、古田一紀くん・手塚国光役、財木琢磨くん