読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきら

好きなことを好きなだけ

キラキラあなたがまぶしくて-前編-

キラキラ星人(きらきら-せいじん)
テニミュ3rdシーズン 青学8代目桃城武役・眞嶋秀斗くんのことを指す言葉。

 

眞嶋秀斗くん(ましま-しゅうとくん)は群馬県出身の俳優さん。エイベックスグループホールディングスに所属されています。誕生日は8月8日、血液型はO型、映画とアイスとお蕎麦が大好きな21歳。ニックネームは「しゅーてぃー」。

 

前置きが長くなりました。
2016年9月25日
ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs氷帝公演 大千秋楽。
そして、青学8代目卒業の日。
私は眞嶋秀斗くんの演じる桃ちゃんに魅せられて、彼を応援させていただくようになりました。
 
2015年3月20日、日本青年館大ホールにて人生初のテニミュ観劇。コメント動画やビジュアルを拝見して臨みましたが、その頃は原作で最も好きな海堂役の佐奈ちゃん・黄金ペアの隼くんと礼生くん・そして綺麗なお顔立ちに惹かれた不二役の神里くんを自然と目で追っていました。*1
そう、当初の私は桃ちゃんにはあまり注目していませんでした。しいて言えば、再現度が高いなあ、すごいなあと思っていたくらい。
決定的だったのは、3rdシーズン 青学vs不動峰公演 大千秋楽、2015年5月17日のこと。残念ながら公演チケットを取っていなかったのでライブビューイングでの参加でした。*2
―あっという間に公演は終わりました。いつも大石がやっていた乾汁チャレンジをリョーマがやらされていたこと、歌や踊り・演技のレベルが全体として上がっていたこと、挨拶で古田・財木*3の柱コンビがめちゃくちゃ泣いていたこと、それを見守る隼くんが聖母だったこと、神里くんの頬をスーッと伝う涙が本当に綺麗だったこと…思い出せば様々な記憶が蘇ります。
 
映画館からの帰り道、ひとり余韻に浸る中、胸を打つ想いがありました。
待って。眞嶋くんの桃ちゃん先輩、なんてかっこいいんだろう!なんて男前なんだろう!
一瞬で惚れました。というのも、東京公演初日、日本青年館で観劇をした際には2階席だったため、オペラグラスを用いてもどうしても細かい表情は見落としてしまいがちだった。映画館の大画面で見る秀斗くんの桃ちゃんは、ひとつひとつの表情が豊かで、それでいて男らしくて、とにかくかっこいい!!!桃城・海堂と青学2年生コンビを並べられたら迷わず海堂薫くんを支持していた私にとって、このテニミュ3rd不動峰公演が、桃城武というキャラクターがいちばん輝いて見えた瞬間でした。
そして何より、秀斗くんの桃ちゃんは笑顔がキラッキラでとにかくまぶしい。秀斗くん自身くしゃっとした笑い方をされるんですけど、私はそういう男の人にめっぽう弱いです。脳内お花畑みたいに聞こえるのは承知ですが、運命だったんだなと。
 
ちょうどこの時の私の心情を表すツイートがフォロワーさんとの会話の中でありました。以下の通りです。

@ymimymimstim 秀斗くんはですね、実は初めて公演を観たときは桃ちゃんの再現度すごい!と思って少し気になるなあくらいだったんですが、大楽のLVでの冒頭の桃リョダブルスでの動きとかお芝居を観て、あれ、こんなにかっこよかったっけ…?と圧倒されてしまったのが始まりです。→

— まみお (@1k_218) 2015年6月26日 

@ymimymimstim カメラワークのおかげでもあると思うんですが、ふとしたときの細かい表情が桃ちゃんそのもので男らしくてかっこよくて。観劇したときは2階席だったので双眼鏡を使っても細かい表情があまり見えなかったんですけど、神里くんと同じで桃ちゃんを演じる秀斗くんに惹かれた→

— まみお (@1k_218) 2015年6月26日

@ymimymimstim →んです。律儀で礼儀正しい性格で、Twitterにおいてもブログにおいても文章を一字一句しっかり考えて投稿しているのが伝わりますし、笑顔が素敵な好青年イメージが強いんですが、実は怖い話が苦手だったりお寿司はわさび抜きだったりと19歳らしい一面が→

— まみお (@1k_218) 2015年6月26日

@ymimymimstim 垣間見えるところが好きですね。あとは自分と歳が近いのも一理あると思います。自分の意見や感謝の気持ちをしっかり持っていることが伝わる役者さんだなあと常々思います。長くなってしまいましたが、結局はギャップに弱いんです。…ちゃんとした答えになってますかね?

— まみお (@1k_218) 2015年6月26日

 

 

 …改めて見るとめちゃくちゃ恥ずかしいですねこれ。まあそんなことは置いておいて、こうして私は眞嶋秀斗くんという役者さんに出会ったのでした。思いのほか長くなってしまったので、ここまでを前編とします。最後まで読んでくださった方、もしいらしたら、本当に本当にありがとうございます。

 

 

ちなみに冒頭に引用した「キラキラ星人」、秀斗くんが小学生の頃お世話になっていたHIPHOPの先生から戴いた呼び名だそうで、秀斗くん自身も“僕を支えてくれる言葉なんです!”とブログに綴っています。

ameblo.jp

 

 

後編に続く。(2部構成で終われますように…)

 

 

*1:順に佐奈宏紀くん・石田隼くん(大石役)と本田礼生くん(菊丸役)・神里優希くんのこと。

*2:ここで初めて生写真というものを購入。不二くんの追加生写真を購入し、後々桃ちゃんの写真を買わなかったことを後悔する。

*3:越前リョーマ役、古田一紀くん・手塚国光役、財木琢磨くん